子育ては皆初めてから

誰しも初心者からスタートする子育て。初めてのお子さまならもちろん、何人ものお子さまを育てて奮闘されている方も最初は皆さん初心者でした。 ましてや、1回覚えればその通りに進めればうまくいくような作業ではなく、その子どもを育てる環境であったりその子供ごとの性格であったりによってやり方を画一的にはできません。 さらに初めての子育てとなれば、どう子供に接したら健康にすくすく発育してくれるのか、子供の気持ちとどう向き合っていくのかなど、わからないことだらけです。

保育園や幼稚園に入るまでのお子さまは、まだ自我が芽生え切っていない時期ということもあり、ただ言うだけ、ただ叱るだけでは聞き入れられないばかりではなく、自分が思っていた方向とは逆効果となってしまうことも多くあります。 忘れてはならないのは、子供は1人の人間であるということです。1人の人間がきちんと自立した大人に成長するための基盤を固めてあげるのが子育ての役割であり、決して自分の思い込みだけで子供に接していてはならないのです。 その思い込みを払拭するためには、人間の子供がどのようにして成長していくのか、どのような親の対応が必要なのかを知っておく必要があります。

また、それをその通りに実践するのではなく、常に自分の子供と向き合ってその子がどのような状態にあるのかを観察しながら、適切な接し方を取ることが大切です。 今から解説する内容は一般的な視点から見た内容であることを前置きし、参考にしていただきながら最適な子育てを見つけましょう。



◆管理人推奨サイト
子育てなどベビー情報のまとめが読めるSoroeというキュレーションです ・・・> まとめが読めるSoroe

0~1歳未満の子育て

子供が生まれて間もなく、0歳~1歳になるまでは本当にドキドキの連続です。どこを取ってみても未成熟な体をどうやって抱き上げてあげればいいか、といった初歩的なところから戸惑って・・・

1歳前後の言い聞かせ

子供が1歳にもなれば、その子供の成長具合にもよりますが徐々に歩けるようになり、少ししゃべれるようにもなってきます。たくさんのことに興味を持って遊ぶことにも積極的になります。た・・・

2~3歳の意思疎通

2歳から3歳前後、保育園や幼稚園に入れる前あたりには、活発に遊んで運動能力も伸び、お子さまによっては元気に走ることもできる年齢です。 それは言・・・